Blogブログ

リリー美容室のスタッフブログ

七五三、お宮参り

七五三は、古来に行われていた3歳「髪置きの儀」、 5歳「袴着(はかまぎ)の儀」、 7歳「帯解(おびとき)の儀」に由来するもので、現在も3歳・5歳・7歳にお祝いをします。

七五三は、古来に行われていた3歳「髪置きの儀」、

5歳「袴着(はかまぎ)の儀」、

7歳「帯解(おびとき)の儀」に由来するもので、現在も3歳・5歳・7歳にお祝いをします。

なぜ、3歳、7歳に女の子、5歳に男の子なのか?

大昔、日本は今の子供達に比べて、産まれてすぐに亡くなったり、医療の関係もあり、病気や怪我で命を落としてしまう子が多く女の子は3歳、7歳男の子は5歳までの生存率が少なく、その歳を過ぎると、この子は大丈夫長く健やかに生きられるとみんなが思うのです。

いつから七五三は始まったの?

天皇様が、お子の為に儀式として始まったとされるこの儀式は、徳川綱吉が天和元年11月15日に長男徳松の健康を祈ったなど、そこから一般に広まり全国で広がりました。

<!-- wp:paragraph --> <p>七五三は、古来に行われていた3歳「髪置きの儀」、</p> <!-- /wp:paragraph -->  <!-- wp:paragraph --> <p>5歳「袴着(はかまぎ)の儀」、</p> <!-- /wp:paragraph -->  <!-- wp:paragraph --> <p>7歳「帯解(おびとき)の儀」に由来するもので、現在も3歳・5歳・7歳にお祝いをします。</p> <!-- /wp:paragraph -->

七五三は、古来に行われていた3歳「髪置きの儀」、

5歳「袴着(はかまぎ)の儀」、

7歳「帯解(おびとき)の儀」に由来するもので、現在も3歳・5歳・7歳にお祝いをします。

15日と言う吉日な数字と成人式との繋がり

七五三をすべて足すと7+5+3=15になる。11月15日をすべて足すと1+1+1+5=8で、末広がりの吉日だから、11月に七五三をやるのです。そして大人になり二十歳の年明け最初の1月に7+5+3=15の成人の日は、1948年に「1月15日は、おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」と法律で定められました。 現在は、2000年に制定されたハッピーマンデー法に基づき1月の第2月曜日に改正されています。

七五三をすべて足すと7+5+3=15になる。11月15日をすべて足すと1+1+1+5=8で、末広がりの吉日だから、11月に七五三をやるのです。そして大人になり二十歳の年明け最初の1月に7+5+3=15の成人の日は、1948年に「1月15日は、おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」と法律で定められました。 現在は、2000年に制定されたハッピーマンデー法に基づき1月の第2月曜日に改正されています。
七五三をすべて足すと7+5+3=15になる。11月15日をすべて足すと1+1+1+5=8で、末広がりの吉日だから、11月に七五三をやるのです。そして大人になり二十歳の年明け最初の1月に7+5+3=15の成人の日は、1948年に「1月15日は、おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」と法律で定められました。 現在は、2000年に制定されたハッピーマンデー法に基づき1月の第2月曜日に改正されています。

今は無い成人の日ですが、ちゃんと意味があったのです。

そう思うと悲しいですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%97%A5

公式ホームページ https://nakagiri.ririi.jp/

Google https://g.page/riri-biyousitu?share

公式Instagram  https://www.instagram.com/ririibiyousitu/

公式Twitter https://twitter.com/ririibiyousitu

愛知県名古屋市北区中切町3-1-1リリー美容室052-915-8222

関連記事